【図解】DXが実現する未来予想図。あなたの生活は、こう変わる。

Add Bing New Tab extensionGet quick access to Bing with our Chrome search extension
317,000,000 results
  1.  

    JST未来社会創造事業「超スマート社会の実現」領域に「都市気象情報プラットフォームの研究開発」が採択. Press Release 「失敗で終わらせず、失敗を活かすチャンス」があるのです。 5探索加速型の4つの研究領域は、それぞれの運営統括がマネジメントしますが、重点公募テーマの設定、応募 安全性を確保。 レーザープラズマ加速の原理(概念図). 電子(プラズマ波に電子が波乗りして加速) イオン
    【衝撃】2050年に起こるであろう驚くべきこと5選 株式会社三菱総合研究所 〒- 東京都千代田区永田町二丁目10番3号 広報部 Tel: E-mail: media mri. ライター 有川 美紀子. 未来社会構想 正誤表 [ 株式会社三菱総合研究所 〒- 東京都千代田区永田町二丁目10番3号 政策・経済研究センター Tel: E-mail: pecgroup mri. 内容に関する お問い合わせ. 高齢化は人間だけではなく、社会資本(インフラ)にも訪れています。水道管や電線、橋脚、道路。税収も低下している状況で老朽化したこれらすべてを刷新していくのは難しいのではないでしょうか。 このようななか、進むであろうと予測されているのはコンパクトシティ化と、それに伴うモビリティの最適化です。人々が広いエリアに分散して暮らしていると行政サービスもインフラ整備も大変なので、ある程度集約することで効率化をはかるのがコンパクトシティの考え方です。 街の規模が小さくなれば、交通インフラもコンパクトですみます。コンパクトシティ化が進むことで個人の車所有はなくなり、カーシェアやレンタルが主流となるでしょう。つまりこれは、自家用車を持つ時代から、カーシェアの時代へと変化することを意味しています。. 採用情報 投資家情報. 人生年時代を支える財政・社会保障制度へ 未病・予防への取り組み強化やライフサイエンス技術の発達による健康寿命の延伸は、人々のQOL(生活の質)を高める上で極めて重要だ。年までに健康寿命は約7歳伸びる可能性がある。ただし、財政面から見れば、健康寿命の延伸だけではむしろ社会保障支出が拡大し、財政の持続可能性が危ぶまれる。 健康寿命の延伸と財政の持続可能性を両立するには、高齢者が社会で活躍できる環境整備や、社会保障制度の抜本的な見直し、社会保障分野以外での行政コストの見直しもあわせて進める必要がある。改革により未来への投資余地が拡大すれば、人生年時代における人々の「人生の質」が高まるとともに、日本経済・社会全体の持続可能性も向上する。 世界のトレンドをチャンスに変え、これら五つの取り組みを包括的に実行することができれば、年の日本は社会課題を乗り越え、「豊かで持続可能な社会」を実現できるだろう。. 未来社会構想(概要版) 未来社会構想(全文). 日本の良さ・強みを活かした世界への貢献 世界の多極化やデジタル経済圏の拡大が進む中で、新たな国際秩序の形成が求められる。地球規模での課題解決に向けて、世界全体での「共通利益」を示し、各国の利害を調整するリーダーが必要になる。 戦後の国際社会への貢献を通じてソフトパワーを培ってきた日本は、他国からの自発的な支援を集め、未来の多国間の枠組み作りに向けて主体的に役割を果たしうる存在だ。他にも、成長と安定を両立する社会モデルや、社会課題を解決する技術など、日本の良さ・強みが豊かで持続可能な世界の実現に貢献できる面は大きい。 2. では年の日本はどうなっているでしょうか。多くの分析に共通していること、それは現在に比べて国力が低下しているということです。 年現在、日本のGDPは世界第3位です。しかし、年には日本は4位あるいは7〜8位にまで順位を下げているだろうと多くのコンサルティングファームやシンクタンクが予測しています。 その要因として、人口減少と高齢化があります。日本の場合、高齢化へのスピードは他国に先駆けて非常に早く、年頃に高齢者数がピークになり、東京都民の3人に1人は65歳以上になります。年前後には日本全体の人口は1億人を割り込むと考えられています。そしてアジアのなかでの高齢化率は日本がトップとなります。 このような状態のまま、年現在すでに問題が見えている人口増加を前提にした社会制度(国民皆保険や年金制度)は、現在と同じ形での継続は難しい状況となっているのではないでしょうか。 前述したレポート「年のニッポン」では、年代からマイナス成長が常態化した場合、年の債務残高GDP比は約%まで拡大し、「皆保険制度や年金制度の維持は困難に」としています。. 世界トレンドは日本経済・社会にも大きなインパクトをもたらす。日本は少子高齢化や社会保障負担の拡大など重い課題への対応が求められる中、新技術を活かせずに競争力の低下を招けば、多くの世界市場や雇用を失う。日本経済・社会・個人が活力を高めるためには、世界トレンドに対して受け身ではなく潮流の変化をチャンスととらえ、社会課題を解決し豊かな暮らしを実現する必要がある。そのためには、人間中心の技術活用や日本の良さ・強みの発揮とともに、政府・企業・個人による前向きな挑戦が不可欠だ。 年に日本が目指すべき未来は「豊かで持続可能な社会」と考える。ここでの「豊か」とは、経済的な豊かさのみならず、人との関わり、働きがい、健康など、総合的な暮らしの満足度を示す。実現に必要な取り組みは次の五つだ。 1. サービス・ソリューション ナレッジ・コラム ニュース セミナー 企業情報. しかし、予測にブレが生じるような事態が起こりうることも認識しておく必要があります。例えば新型コロナウイルスは、これまで30年後の世界を予測する際に加味されていませんでした。 新型コロナウイルスは世界中の人の生活を変え、経済を停滞させました。IMF(国際通貨基金)の経済顧問兼調査局長ギータ・ゴピナート氏は、新型コロナウイルスによる現状を「各国が感染拡大防止に必要な隔離や社会的距離確保の対策を実施するなか、世界は『大封鎖』と呼べる状況に置かれている」とし、「今回の危機はほかに類を見ないものであり、人々の命や生活に及ぼす影響にも大きな不確実性がともなう。(略)この大封鎖が終わったときに経済の様相がどのように変わっているか、相当な不透明感がある」としています。 新型コロナウィルスは年6月現在でも未だ感染の勢いは止まらず、いったん収束に向かっても第2波、第3波が起きた場合に世界全体にどのような影響があるのか、短期で終わるのか、長期に及ぶのかも予測できない状態です。 今後も新型コロナウイルスを始めとした未来に影響を及ぼす可能性のある事象に気を配りながら、時代を先読みしていきたいですね。 参考: 国際連合経済社会局(DESA)世界人口推計年版 未来年表(河合雅司 著) 国際通貨基金(IMF) 年4月 世界経済見通し(WEO) みずほOneシンクタンクレポート「年のニッポン」.

  2. Related searches for 「Society 5.0 地球の未来をともに切り開こう」