Add Bing New Tab extensionGet quick access to Bing with our Chrome search extension
317,000,000 results
  1.  

    劇場版のカラドボルグが核戦争のような事態になっているのは置いといて…。 映像美や流れるようなカメラワークに焦点を置いた場合、UFO=DEEN[劇場版]>DEEN なるでしょうか。 UFOは自然な描写でキャラクターの心理を繊細に描いている様に見えます。 映像美で言ってもエフェクトといった技術が用いられている他、バーサーカーの俊敏な動きを始めとする戦闘シーンの迫力も、かなり魅力的です。 DEEN[劇場版]にもUFO版に見劣りしない迫力があり、下衆な話「お金掛けてるな~」と思わされる映像が楽しめますし、尺的に一番余裕がない為か、スピード感は郡を抜いています。個人的にワクワクさせられたのは、士郎からのアーチャーに変わるカメラワークですね。 そして残るDEENですが…。 もちろん、こちらにも良さはあります。 セイバーが不利になったシーンのBGMは美しく、悲愴感漂う仕上がりは他2つには無い良さがあります。 イリヤも可愛いですし(そこかよ)。 しかし10年という月日が経った今、他2つと比べると、どうしても見劣りしてしまうのは事実…かもしれません。 「DEENはたまに笑いを突っ込んでくる」というのは、ここで使用されるSE等に理由があるかと。.

    DEEN版の剣はかなりデカい(笑) アンリミテッドブレイドワークスの論点は、主に「心象風景」の表し方の違いです。 DEEN[劇場版]の特徴としては、剣が多い事、多くの歯車が錆び付いている事が挙げられます。 空には一切の光が通っておらず、排他的な雰囲気すら感じますね。 一方、UFO版で目を引くのが圧倒的な映像美です。 アーチャーの詠唱シーンから固有結界発動中の空に至るまでの一貫したクオリティの裏には、使用技術がもたらした変化もあるのでしょう。 前者よりは剣が少ないですが、こちらからは虚無感や絶望感といったものが漂います。 声優さんの演技の練達さにも拍車がかかり、時代を感じますね。. UFOに至っては、贅沢な尺で描かれる『もちっと年取って出直して来い』の魅力が増しますね。 そしてどのランサーにも変わらないのは、マスターによって自害命令が下される点です。 しかし、お家芸と化した「サヨナランサー」にも異なる点はあります。 DEEN[劇場版]も悪くないですが、如何せん尺が短い!! 緊迫感に満ちている反面、ランサーの言動が省かれているのはどうしても残念でなりません。 一方、そんな短所を補間しているUFOは繊細に描かれたキャラの言動によって内容が深みを増し、最後まで余韻に浸らせてくれます。.

    まず注目したいのが士郎とアーチャーの会話シーン。 静がUFO版なら、DEEN版は動でしょう。終始勢いに欠く事がありません。 士郎がアーチャーの過去(己が進むかも知れない満ち)を知る過程にも違いがあり、DEENは字幕の詠唱を使用し、UFOはそれを一連の映像として見せています。 「映像美」 「キャラクターの心理描写が楽しめる」 「落ち着いて見れる」 という点では、UFOに利点があるのではないでしょうか。. 出典: www. というコメントが正に的を射ているのがこの「士郎VSギルガメッシュ戦」戦です。 DEENは絶え間ない疾走感と迫力がある一方、UFOでは激烈な攻防の最中にもキャラの繊細な心理描写が見て取れます。 士郎の詠唱にしても、英語と日本語で双方異なる演出が採用されているのは面白いですね。. 他名シーンと比べると、いずれも高クオリティに仕上がっているのがこの「アーチャー消滅」シーンです。 声優さんの演技、BGMの使い方、キャラの魅せ方…。 違いはあるものの、どれも感極まる物があります。.

    魘夢とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。 鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、下弦の壱に位している。 『眠り鬼』と呼ばれている鬼で、人間を眠らせ、自在に夢を見せることができる。無惨に高い忠誠心を持っている。無限列車と同化し、乗客を喰らおうとしていた。.

    非常食先輩(本名:竹内)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、人食いの怪物・鬼を狩ることを目的とする鬼殺隊の剣士。下の名前は不明。 鬼殺隊と鬼の最後の決戦の際、恩人に報いるために鬼殺隊に与した鬼の青年・愈史郎と行動を共にする。その愈史郎が消耗しているのを見て、「協力する、自分を食べろ」と申し出たことでファンから注目を浴びる。鬼殺隊の隊士が尋常ならざる決意で鬼との戦いに臨んでいることをその言動で示しつつ、最後まで戦場に立ち続け、無事に生き延びた。. 嘴平琴葉(はしびら ことは)とは、大正時代を舞台とする吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、主要人物の一人・嘴平伊之助の母親である。 おっとりとした雰囲気の可憐な女性で、伊之助の顔立ちは母親譲り。十代で結婚して伊之助を産むも、夫からの暴力に苦しみ、ある時ついに婚家を飛び出して新興宗教「万世極楽教」へと逃げ込む。万世極楽教の教祖・童磨から気に入られてその手元に置かれるものの、彼の正体が人食いの怪物・鬼であることを知ってしまう。なんとか伊之助を逃がすも、自身は童磨に殺害された。.

    竈門禰󠄀豆子(かまど ねずこ)とは、『鬼滅の刃』に登場するヒロインである。 主人公・竈門炭治郎の妹である禰󠄀豆子は、ある雪の日に鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって鬼にされてしまう。通常、鬼になってしまった者は人間を襲ってしまうが、禰󠄀豆子は兄である炭治郎を守ろうとし、生かされた。それから禰󠄀豆子は炭治郎と一緒に鬼を討ち、人間に戻る方法を探す旅に出る。 非常に愛らしいキャラクターで、国内外問わずに人気のあるキャラクターである。. 我妻善逸(あがつま ぜんいつ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 主人公である炭治郎の同期の剣士の一人で、炭治郎と行動を共にする主要人物の一人である。 『雷の呼吸』の使い手であり、聴力が優れている。 とてつもない臆病者で、鬼と戦うことをひどく恐れている。鬼と戦う時は、気絶しながら戦う。普段のコミカルなキャラと、戦闘時のキャラが大きく違い、そのギャップによりファンから人気がある。.

    素山恋雪(そやま こゆき)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、人食いの怪物・鬼である猗窩座が、狛治という名の人間だった頃の婚約者である。 生来体が弱く、長らく病に伏せっていた。父・慶蔵の弟子となった狛治という少年に根気強く看病されたことで、日常生活を送れる程度まで体調が改善。そんな日々の中で狛治に想いを寄せ、彼と夫婦になる約束を交わすも、父の道場を狙う者たちに毒殺される。絶望から鬼となった猗窩座を見守り、死して地獄に落ち行く彼に同行した。. 愈史郎(ゆしろう)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼の一人である。 鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって基本的に鬼は生み出されるが、愈史郎は無惨の抹殺を目的としている珠世によって鬼になった。珠世に心酔しており、珠世に害をなすものには攻撃的になる。 珠世と共に無惨を倒すことを目的としている。.

    真菰(まこも)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、主人公・竈門炭治郎の姉弟子に当たる少女。 狭霧山での修行中、師・鱗滝左近次に「岩を斬れ」と無理難題を命じられたあげく、どこからか現れた錆兎に叩きのめされた炭治郎の前に現れる。作中に登場する身体強化術「全集中の呼吸」について彼に教授し、その成長を促す。後に彼女もまた鱗滝の弟子で、すでに死亡していることが明らかとなり、そうとは知らず交流していた炭治郎を驚かせた。.

    産屋敷ひなき(うぶやしき ひなき)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、鬼を狩るために活動する鬼殺隊の当代の当主・産屋敷耀哉の娘である。 自身とにちか、輝利哉、かなた、くいなの五つ子姉弟の長女。特ににちかとは容姿も言動も瓜二つで、髪飾りの位置以外には見分けがつかない。病に冒され視力を失った耀哉の日常生活を支え、何が起きているかを伝える役目を担う。自らの命を賭して鬼を滅ぼそうとする耀哉に殉じ、鬼の頭領・鬼舞辻無惨を巻き込む形で父と共に自爆した。. 冨岡義勇(とみおか ぎゆう)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『水の呼吸』を使う水柱。 炭治郎が初めて出会った鬼殺隊の剣士である。禰󠄀豆子を生かし、炭治郎を鬼殺隊へと導いた人物である。炭治郎と一緒に無惨を倒すために刃を振るう。.

    産屋敷くいな(うぶやしき くいな)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、鬼を狩るために活動する鬼殺隊の当代の当主・産屋敷耀哉の娘である。 自身とひなき、にちか、輝利哉、かなたの五つ子兄妹の四女にして末っ子。兄妹たちの中ではもっとも登場が遅く、鬼殺隊と鬼の最終決戦が始まってからようやく姿を現した。 産屋敷家の娘たちの中ではもっとも気が強く、鬼の頭領・鬼舞辻無惨の暴威に戦慄し呆然自失となった兄の輝利哉に、平手打ちを食らわせて叱責した。. 不死川実弥(しなずがわ さねみ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『風の呼吸』を使う風柱。 身体中に傷を負った凶悪な人相をした剣士。炭治郎の同期である不死川玄弥の実の兄である。鬼を憎んでおり、炭治郎と禰󠄀豆子を粛清しようとした事もある。だが、弟思いな一面もある。.

    時透無一郎(ときとう むいちろう)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『霞の呼吸』を使う霞柱。 柱たちの中で最年少である。鬼殺隊に入って僅か二ヶ月で柱になった天才剣士。無表情で、他者との関わりが薄かったが、炭治郎と出会ったことにより徐々に変わっていく。. 高田なほ(たかだ なほ)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、鬼狩りの組織・鬼殺隊で働く少女。 鬼は超常の力を操る人食いの怪物で、この討伐の中で負傷した隊士は、蝶屋敷で療養するのが鬼殺隊の常となっている。なほはこの蝶屋敷で看護師として働いており、同年代の寺内きよや中原すみと一緒に行動することが多い。鬼殺隊の新人剣士である竈門炭治郎に懐き、彼が担ぎ込まれるたびに交流を重ねていった。. 半天狗とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。 鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、上弦の肆に位している。 追い詰められれば追い詰められるほどに強くなる鬼であり、複数の鬼を生み出す力を持っている。刀鍛冶の里を強襲して、鬼殺隊の隊士たちを苦しめた。.

    村田(むらた)とは、『鬼滅の刃』の登場人物で、人食いの怪物・鬼を狩ることを目的とする鬼殺隊の剣士。下の名前は不明。 鬼によって家族を失い、作中で登場する八年前に鬼殺隊へと入隊。このため主人公・竈門炭治郎からすると先輩だが、鬼殺隊の剣士としては平凡な力量の持ち主で、戦力として活躍する場面は少ない。それでもベテランの剣士として刀を振るい続け、鬼との決着までを大過なく生き延びた。 モブに近い立ち位置ながら、要所要所で見せ場を作り、その髪型から「キューティクル先輩」としてファンに愛されている。.

    後藤(ごとう)とは、『鬼滅の刃』の登場人物で、鬼を狩るための組織・鬼殺隊の後処理部隊である隠(かくし)の一員。下の名前は不明。 剣士の回収や応急処置、事件の隠蔽など目立たないながらも重要な仕事に従事しており、個性的な人物が多い鬼殺隊の中にあっては珍しいほどの常識人。主人公・竈門炭治郎とは何かと関わることが多く、療養中の彼を見舞うためにわざわざ高級な品を用意するなど、知己として相応に気遣っている。 ポジションとしては裏方であり、作中での出番は少ないものの、要所要所で印象的な活躍を見せた。. 上弦の陸・獪岳とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。 鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、妓夫太郎・堕姫に変わって上弦の陸となった。元は鬼殺隊の隊士であり、雷の呼吸の使い手だった。炭治郎の同期である我妻善逸とは同じ師を持つ兄弟弟子の間柄であり、因縁を持っている。. 黒死牟(継国厳勝)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。 鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』のトップに立つ鬼であり、驚異的な強さを誇る。 人間だった頃は鬼殺隊の剣士であった為に、月の呼吸を使用する。『日の呼吸』の使い手である継国縁壱は黒死牟の双子の弟である。.

    鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)とは、『鬼滅の刃』における最大の敵である。 人間を鬼に変えることができる唯一の鬼であり、鬼たちの首魁である無惨を倒す事こそが『鬼殺隊』の宿願となっている。禰󠄀豆子を鬼にし、炭治郎の家族を殺害したのも無惨である。 残虐非道で自己中心的な考えを持ち、自身の願いの為に人間を鬼にして回っている。自分の意に背く者であれば、鬼であっても容赦なく殺害する。 自身が鬼となった原因である『青い彼岸花』と、太陽を克服する方法を探している。. 響凱とは『鬼滅の刃』に登場する鬼である。 鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の下弦の陸だったが、人間を喰う事が出来なくなって成長の限界を迎えた為に無惨からその地位を剥奪された。その後、十二鬼月に返り咲く為に『稀血』(人間50人にも相当する希少な血)を持つ人間を喰おうとしていた。. 竈門炭十郎(かまど たんじゅうろう)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、主人公・竈門炭治郎とその妹の禰豆子の父親である。 炭治郎曰く「植物のような人」で、非常に穏やかで物静かな人物。竈門家に伝わるヒノカミ神楽を炭治郎以上に極めており、病弱な身ではあったが一晩中神楽を舞い続けたり、巨大な熊を一瞬で仕留めたりと時に超人的な力を発揮した。物語が開始した時点で死亡しており、作中では主に炭治郎の回想の中で登場する。.

    不死川玄弥(しなずがわ げんや)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 主人公の炭治郎の同期の剣士であり、最終選抜試験で出会った。風柱の不死川実弥の実の弟で、岩柱の悲鳴嶼行冥に師事している。 呼吸を使うことができないが、鬼を喰らって力を増すという特異体質を持っている。. 嘴平伊之助(はしびら いのすけ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 主人公である炭治郎の同期の剣士の一人で、炭治郎と行動を共にする主要人物の一人である。 『獣の呼吸』の使い手で、触覚が異常に発達している。 赤子の頃に山に捨てられ、その後、猪に育てられた。その為、常識を知らず、非常に粗暴な性格をしている。. 素山慶蔵(そやま けいぞう)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、人食いの怪物・鬼である猗窩座が、狛治という名の人間だった頃の武術の師である。 素流という格闘術の達人で、性格は豪放磊落にして明朗快活。一人娘の恋雪を深く愛する一方、その病弱さから「長くは生きられないだろう」と感じてもいた。父を失い自暴自棄になっていた狛治をむりやり弟子にし、彼に恋雪の看病を任せる。やがて恋雪と狛治が恋仲になるとこれを祝福するも、自身の道場の土地屋敷を狙う侍たちによって毒殺された。.

    神崎アオイ(かんざき あおい)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、鬼狩りの組織・鬼殺隊で働く少女。 鬼と直接戦う剣士を目指して修行するも、実戦の恐怖に耐えられず、後方から仲間を支援する道を選ぶ。鬼殺隊士の療養を請け負う蝶屋敷で暮らし、負傷してここに運び込まれた主人公・竈門炭治郎や彼の戦友たちとの交流を重ねる。戦力として活躍することはなかったが、鬼殺隊の後方支援部隊の中でも出番が多く、鬼殺隊の使命の重さや『鬼滅の刃』の過酷な世界観を読者に伝える立場を担った。.

    産屋敷にちか(うぶやしき にちか)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、鬼を狩るために活動する鬼殺隊の当代の当主・産屋敷耀哉の娘である。 自身とひなき、輝利哉、かなた、くいなの五つ子姉弟の次女。特にひなきとは容姿も言動も瓜二つで、髪飾りの位置以外には見分けがつかない。病に冒され視力を失った耀哉の日常生活を支え、何が起きているかを伝える役目を担う。自らの命を賭して鬼を滅ぼそうとする耀哉に殉じ、鬼の頭領・鬼舞辻無惨を巻き込む形で父と共に自爆した。. 胡蝶しのぶ(こちょう しのぶ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『蟲の呼吸』を使う蟲柱。 薬学に精通しており、鬼殺隊の隊士たちの治療も行っている。炭治郎の同期の剣士である栗花落カナヲはしのぶの継子(弟子のようなもの)である。炭治郎たちにも大きく影響を与えた人物である。.

    伊黒小芭内(いぐろ おばない)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『蛇の呼吸』を使う蛇柱。 蛇を連れたオッドアイの男。風柱・不死川実弥と同じく、鬼をひどく嫌っている。その為、最初は炭治郎の事を認めていなかった。. 甘露寺蜜璃とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『恋の呼吸』を使う恋柱。 非常に惚れやすく、誰にでも胸をときめかせる。生まれつき力が強く、その力を生かす為に鬼殺隊へと入った。鬼殺隊の柱として刃を振るうものの、鬼への憎しみを持っていない為に炭治郎や禰󠄀豆子と良好な関係を築いている。. 寺内きよ(てらうち きよ)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、鬼狩りの組織・鬼殺隊で働く少女。 鬼は超常の力を操る人食いの怪物で、この討伐の中で負傷した隊士は、蝶屋敷で療養するのが鬼殺隊の常となっている。きよはこの蝶屋敷で看護師として働いており、同年代の中原すみや高田なほと一緒に行動することが多い。鬼殺隊の新人剣士である竈門炭治郎に懐き、彼が担ぎ込まれるたびに交流を重ねていった。.

    鳴女とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。 鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、半天狗の代わりに上弦の肆となった。 無惨にいつも付き従っている鬼であり、異空間・無限城を操る力を持っている。索敵能力に優れており、鬼殺隊の本部を見つけ出した。. 鎹鴉(かすがいがらす)とは、『鬼滅の刃』に登場する、鬼殺隊による特殊な育成法で高い知性を得たカラスである。 その名の通りほとんどがカラスで、人語を介し、これを操ることさえ可能。鬼殺隊の剣士一人一人に一匹ずつ付き従い、本部との連絡や新たな任務の通達をその役目とする。育成法が特殊なだけで、あくまで普通の動物であるため、鬼に気配を悟られにくいという特徴を持つ。 自分の補佐する剣士の力量を仲間に自慢したり、あるいは主人の死に悲しむ様子を見せたりと、動物というより一個のキャラクターとして描かれている。.

    童磨とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。 鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、No. 竈門炭治郎(かまど たんじろう)とは、『鬼滅の刃』の主人公で、鬼を滅する組織『鬼殺隊』に所属する剣士である。『水の呼吸』と『ヒノカミ神楽(日の呼吸)』の使い手で、嗅覚に優れている。 炭治郎はある日、鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって家族を惨殺される。唯一、生き残っていた妹の禰󠄀豆子は鬼にされていた。炭治郎は『鬼殺隊』へと入隊し、無惨の打倒と、禰󠄀豆子を人間に戻すべく戦いを繰り広げる。.

    玉壺とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。 鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、上弦の伍に位する。 身体から生えている無数の手、複数の口、壺から這い出る軟体など、人間の形から大きく外れた異形の鬼。芸術家を気取り、残虐な行いを躊躇なく行う。. 継国縁壱(つぎくに よりいち)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 凄まじい才能の持ち主で、生まれつき痣を発現させ、鬼の首魁である鬼舞辻無惨を追い詰めた。全ての呼吸の源流である『日の呼吸』の使い手であり、その『日の呼吸』から派生した呼吸は、縁壱が他の剣士に自身の技を教える過程で作り出された。 炭治郎の祖先に『日の呼吸』を教えており、それが『ヒノカミ神楽』として伝えられていた。.

    累とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。 鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、下弦の伍に位している。 炭治郎たちが初めて遭遇した十二鬼月の鬼であり、那多蜘蛛山で炭治郎たちと死闘を繰り広げた。家族の絆を追い求める鬼であり、他の鬼に擬似的な家族を演じさせていた。.

    栗花落カナヲ(つゆり かなを)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 主人公である炭治郎の同期の剣士の一人。柱に才能を認められた継子であり、蟲柱の胡蝶しのぶに師事している。 『花の呼吸』の使い手であり、並外れた視覚を有している。. 錆兎(さびと)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、主人公・竈門炭治郎の兄弟子である冨岡義勇と共に修行に励んだ少年。 人食いの怪物・鬼によって家族を殺され、天涯孤独の身となる。鱗滝左近寺という鬼狩りの老剣士の下で、鬼を狩るための組織・鬼殺隊への入隊を目指して己を鍛える中、同じ境遇で同い年だった義勇と友人となる。しかし入隊のための最終選別の最中、鱗滝との間に因縁を持つ鬼の前に敗死。その後は霊となって鱗滝の下に戻り、弟弟子の炭治郎を導いた。.

    煉獄槇寿郎(れんごく しんじゅろう)とは、『鬼滅の刃』の登場人物で、かつて鬼殺隊の最高戦力の一人・炎柱として力を振るった剣士。 現炎柱の煉獄杏寿郎、その弟の千寿郎の父であり、見た目は二人によく似ている。優れた剣士だったが、ある時を境にすっかり気力を失い、現在は酒浸りの日々を送る。原因は一族に伝わる古文書に記されていた、鬼殺隊の根幹にも関わるとある剣士の存在にあり、その謎を追う主人公・竈門炭治郎とも関わっていく。 現役時代の活躍で、作中の重要人物を含む多くの者の運命を転変させている。.

    産屋敷あまね(うぶやしき あまね)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、鬼を狩るために活動する鬼殺隊の当代の当主・産屋敷耀哉の妻である。 元神職で、耀哉との間にひなき、にちか、輝利哉、かなた、くいなの一男四女を設ける。鬼の頭領・鬼舞辻無惨という悪の化身を一族から輩出した呪いによって病魔に冒された夫を支え、自身も鬼殺隊のために尽力。自らの命を賭して鬼を滅ぼそうとする耀哉に殉じ、彼と共に無惨を巻き込む形で自爆。その死をもって鬼殺隊の最後の決戦の火蓋を切った。. 胡蝶カナエ(こちょう カナエ)は『鬼滅の刃』の登場人物で、鬼殺隊の最高戦力の一人である蟲柱・胡蝶しのぶの姉。すでに故人であり、基本的に回想シーンでのみ登場する。 自身も鬼殺隊に所属し、生前は年若いながら優れた剣士として活躍。現在の妹と同じく柱にまで上り詰めるも、上弦の弐・童磨に敗れて死亡した。享年十七。 非常に優しい人物で、人食いの怪物と成り果てた鬼たちをも救うことを望んでいた。出番は限られているものの、その生き様は妹のしのぶや引き取って育てていた栗花落カナヲに強い影響を与えている。.

    産屋敷かなた(うぶやしき かなた)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、鬼を狩るために活動する鬼殺隊の当代の当主・産屋敷耀哉の娘である。 自身とひなき、にちか、輝利哉、くいなの五つ子兄妹の三女。病魔に冒されながらも鬼殺隊の長として尽力する父をサポートし、幼いながらも彼の仕事を手伝っている。主人公・竈門炭治郎が鬼殺隊に入隊するための最終選別に臨んだ際、その案内役として兄の輝利哉と共に登場。後に新たな産屋敷家当主となった輝利哉を支え、鬼殺隊の勝利に貢献した。.

    煉獄杏寿郎とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『炎の呼吸』を使う炎柱。 正義感に溢れ、人間を鬼から守ることが自身の責務だとする男。その強さと行いから大きな信頼を得ている。炭治郎たちに大きく影響を与えた人物である。. 悲鳴嶼行冥(ひめじま ぎょうめい)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『岩の呼吸』を使う岩柱。 御経を唱え、いつも涙を流している男。盲目だが、強靭な肉体を持つ鬼殺隊最強の剣士である。鬼殺隊の長である産屋敷耀哉に心から忠誠を誓っている。. 宇髄天元(うずい てんげん)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『音の呼吸』を使う音柱。 元忍であるが、派手好きで、多くの装飾品を身につけている。クレイジーな発言が多いが、人命を第一とする心優しい性格をしている。炭治郎たちと共に死闘を繰り広げた。.

    中原すみ(なかはら すみ)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、鬼狩りの組織・鬼殺隊で働く少女。 鬼は超常の力を操る人食いの怪物で、この討伐の中で負傷した隊士は、蝶屋敷で療養するのが鬼殺隊の常となっている。すみはこの蝶屋敷で看護師として働いており、同年代の寺内きよや高田なほと一緒に行動することが多い。鬼殺隊の新人剣士である竈門炭治郎に懐き、彼が担ぎ込まれるたびに交流を重ねていった。. 妓夫太郎・堕姫とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。 鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、上弦の陸に位している。 兄の妓夫太郎、妹の堕姫の二人で一体の鬼であり、妓夫太郎と堕姫の頸を同時に落とさなければ倒すことができない。遊郭に巣喰い、多数の人間を喰らっていた。. 産屋敷輝利哉(うぶやしき きりや)とは、大正時代を舞台とする吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、鬼殺隊当主・産屋敷耀哉の息子。 五つ子の真ん中の子として生まれ、その中では唯一の男子である。鬼殺隊は人食いの怪物・鬼を狩るために結成された組織で、次期当主として厳しくも愛情をもって教育される。産屋敷の男子は代々短命で、厄除けのために幼い頃は女児として育てられる習わしになっており、当初は女物の着物姿で登場した。耀哉の死後、弱冠八歳にして鬼殺隊の指揮を執り、見事にその役目を果たした。.

    猗窩座(狛治)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。 鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体で、上弦の参に位している。 徒手空拳を武器に戦う鬼であり、強大な力を持っている。作中で最初に登場した上弦の鬼であり、炭治郎と深く関わっていく。. 無限斎に吹き飛ばされた高杉晋作は、桂小五郎と坂本龍馬、岡田以蔵と合流する。意見の食い違いにより決別する高杉晋作と坂本龍馬。高杉晋作は坂本龍馬との思い出を回想する。刻(とき)を操る力を使って時代を作り変えたい坂本龍馬は、高杉晋作と別れた後、独自に刻を操る力を持つ青年・晴明を捜索する。そこに現れた晴明の姿を装った十二将松尾芭蕉。坂本龍馬と松尾芭蕉の戦いが始まる。 今回は「BAKUMATSU」第3話『龍馬アンサツ? 過去からの刺客!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。.

    巨城スサノオに侵入した際に見たからくり機械の仕組みの記憶を頼りに、鍛冶屋の女将に協力を仰ぎからくり人形の動きを抑止する機械を作り始めた桂小五郎と高杉晋作。一方、無限斎は、巨城スサノオから脱出して隠れていた徳川慶喜を抹殺する為に十二将の一人弁慶を刺客として放った。山崎烝は徳川慶喜から賜った刀で弁慶と戦う。 今回は「BAKUMATSU」第6話『千本目のエモノ 慶喜、我が主!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。. 長州志士・高杉晋作は、桂小五郎と共に伝説の秘宝を幕府海軍から奪い去ろうと目論む。「刻(とき)を操る」と言われる伝説の秘宝を我が物にし、天下を手中に収めようとする徳川幕府に対して、「やり方ってもんがある」と憤る高杉晋作は秘宝を奪い、幕府の目論見もろとも秘宝をぶっ壊すと意気込む。 今回は「BAKUMATSU」第1話『スサノオ事変勃発 もうひとつのバクマツ!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。.

    桂小五郎と高杉晋作は、京の町の人達を監視しているからくり人形の秘密を探る為、新撰組への潜入作戦を立てた。桂小五郎は、無事入隊試験に合格し、新撰組への潜入に成功する。近藤勇によって明かされる新撰組の過去。 無事巨城スサノオの見取り図を入手した桂小五郎は、高杉晋作と連携しながらからくり人形の秘密に迫る。 今回は「BAKUMATSU」第4話『極秘潜入 新撰組のオキテ!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。. 巨城スサノオへ物資を運んでいる蒸気機関車の偵察に来た高杉晋作と桂小五郎。高杉晋作は一刻も早く蒸気機関車を破壊しようとする。そこに沖田総司が現れ、逃げる二人は走り出した蒸気機関車に乗り込む。蒸気機関車の中には、ある物を護衛する土方歳三が居た。土方歳三に蒸気機関車の外に蹴り出された高杉晋作は、機関車の後を追いかけていた坂本龍馬達と合流し、桂小五郎の救出に向かう。 今回は「BAKUMATSU」第7話『暴走トッキュウ 死ぬな、桂!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。. 新将軍・無限斎を倒すべく巨城スサノオに進入した高杉晋作。無限斎は、時辰儀の刻(とき)を操る力を使って天下を手中に治めようとしていた。そんなやり方面白くないと立ち向かっていく高杉晋作。しかし無限斎の力は強大で返り討ちにあってしまう。一方、捕らわれていた徳川慶喜は山崎烝と御庭番の霞と雹の尽力により巨城スサノオを脱出するが、徳川に恨みを抱く武将真田幸村に命を狙われる。 今回は「BAKUMATSU」第2話『斬れ、高杉 アイのために!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。.

    からくり人形の秘密を探る為、新撰組に潜入した桂小五郎は巨城スサノオ内部に忍び込む事に成功する。しかし巨城スサノオの内部を探っていた桂小五郎は、沖田総司に素性を暴かれてしまう。沖田総司と斬り合いながらも巨城スサノオのからくり機械を壊した桂小五郎。しかし無限斎は、またもや時辰儀の刻(とき)を操る力により、からくり機械を壊す前へ戻したのだった。 今回は「BAKUMATSU」第5話『沖田狂乱 トキの流れ人!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。.

    Prev 1 2 3 Next 前のページ. DEENが勢いで魅せるなら、UFOは緩急で魅せる 出典: www. Fate アーチャー凛別れ比較. Related Articles 関連記事. 坂本ですが?(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ 「坂本ですが?」とは、作者「佐野菜見」による漫画、及び年にスタジオディーン製作で放送されたアニメーション作品。「このマンガがすごい! 鬼滅の刃(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ 『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品。年11号から年24号まで週刊少年ジャンプにて連載され、年にはufotable制作でアニメ化された。 舞台は大正時代。炭焼きの家の長男・竈門炭治郎は町へ炭を売りに行ったが、家に帰ると家族が何者かに惨殺されていた。そして一人生き残った妹の禰豆子は鬼になってしまう。炭治郎は妹を人間に戻す為、そして惨殺された家族の仇討ちの為、厳しい訓練の末に鬼狩り組織「鬼殺隊」に入隊する。炭治郎や仲間の、鬼との過酷な死闘を描く和風ダークファンタジー。 Read Article.

    下弦の壱・魘夢(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ 魘夢とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。 鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、下弦の壱に位している。 『眠り鬼』と呼ばれている鬼で、人間を眠らせ、自在に夢を見せることができる。無惨に高い忠誠心を持っている。無限列車と同化し、乗客を喰らおうとしていた。 Read Article. 非常食先輩/竹内(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ 非常食先輩(本名:竹内)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、人食いの怪物・鬼を狩ることを目的とする鬼殺隊の剣士。下の名前は不明。 鬼殺隊と鬼の最後の決戦の際、恩人に報いるために鬼殺隊に与した鬼の青年・愈史郎と行動を共にする。その愈史郎が消耗しているのを見て、「協力する、自分を食べろ」と申し出たことでファンから注目を浴びる。鬼殺隊の隊士が尋常ならざる決意で鬼との戦いに臨んでいることをその言動で示しつつ、最後まで戦場に立ち続け、無事に生き延びた。 Read Article. 嘴平琴葉(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ 嘴平琴葉(はしびら ことは)とは、大正時代を舞台とする吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、主要人物の一人・嘴平伊之助の母親である。 おっとりとした雰囲気の可憐な女性で、伊之助の顔立ちは母親譲り。十代で結婚して伊之助を産むも、夫からの暴力に苦しみ、ある時ついに婚家を飛び出して新興宗教「万世極楽教」へと逃げ込む。万世極楽教の教祖・童磨から気に入られてその手元に置かれるものの、彼の正体が人食いの怪物・鬼であることを知ってしまう。なんとか伊之助を逃がすも、自身は童磨に殺害された。 Read Article.

    竈門禰󠄀豆子(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ 竈門禰󠄀豆子(かまど ねずこ)とは、『鬼滅の刃』に登場するヒロインである。 主人公・竈門炭治郎の妹である禰󠄀豆子は、ある雪の日に鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって鬼にされてしまう。通常、鬼になってしまった者は人間を襲ってしまうが、禰󠄀豆子は兄である炭治郎を守ろうとし、生かされた。それから禰󠄀豆子は炭治郎と一緒に鬼を討ち、人間に戻る方法を探す旅に出る。 非常に愛らしいキャラクターで、国内外問わずに人気のあるキャラクターである。 Read Article. 我妻善逸(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ 我妻善逸(あがつま ぜんいつ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 主人公である炭治郎の同期の剣士の一人で、炭治郎と行動を共にする主要人物の一人である。 『雷の呼吸』の使い手であり、聴力が優れている。 とてつもない臆病者で、鬼と戦うことをひどく恐れている。鬼と戦う時は、気絶しながら戦う。普段のコミカルなキャラと、戦闘時のキャラが大きく違い、そのギャップによりファンから人気がある。 Read Article.

    劇場版「鬼滅の刃」無限列車編のネタバレ解説・考察まとめ 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』とは、吾峠呼世晴原作によるアニメ映画作品。同氏の描いた『鬼滅の刃』54話から66話までの内容を映画化したものである。 大正時代。人食いの怪物・鬼に家族を殺された少年竈門炭治郎は、唯一の生き残りであり自身も鬼にされてしまった妹の禰豆子を人間に戻す術を探すため、鬼を狩る組織「鬼殺隊」の一員となる。幾多の戦いを経て成長した炭治郎は、新たな任務を与えられ、同期の戦友我妻善逸、嘴平伊之助、さらに鬼殺隊最強の剣士の一人煉獄杏寿郎と共に、鬼が潜むと噂される列車へと乗り込む。 Read Article. 素山恋雪(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ 素山恋雪(そやま こゆき)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、人食いの怪物・鬼である猗窩座が、狛治という名の人間だった頃の婚約者である。 生来体が弱く、長らく病に伏せっていた。父・慶蔵の弟子となった狛治という少年に根気強く看病されたことで、日常生活を送れる程度まで体調が改善。そんな日々の中で狛治に想いを寄せ、彼と夫婦になる約束を交わすも、父の道場を狙う者たちに毒殺される。絶望から鬼となった猗窩座を見守り、死して地獄に落ち行く彼に同行した。 Read Article.

    愈史郎(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ 愈史郎(ゆしろう)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼の一人である。 鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって基本的に鬼は生み出されるが、愈史郎は無惨の抹殺を目的としている珠世によって鬼になった。珠世に心酔しており、珠世に害をなすものには攻撃的になる。 珠世と共に無惨を倒すことを目的としている。 Read Article. 真菰(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ 真菰(まこも)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、主人公・竈門炭治郎の姉弟子に当たる少女。 狭霧山での修行中、師・鱗滝左近次に「岩を斬れ」と無理難題を命じられたあげく、どこからか現れた錆兎に叩きのめされた炭治郎の前に現れる。作中に登場する身体強化術「全集中の呼吸」について彼に教授し、その成長を促す。後に彼女もまた鱗滝の弟子で、すでに死亡していることが明らかとなり、そうとは知らず交流していた炭治郎を驚かせた。 Read Article.

    産屋敷ひなき(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ 産屋敷ひなき(うぶやしき ひなき)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、鬼を狩るために活動する鬼殺隊の当代の当主・産屋敷耀哉の娘である。 自身とにちか、輝利哉、かなた、くいなの五つ子姉弟の長女。特ににちかとは容姿も言動も瓜二つで、髪飾りの位置以外には見分けがつかない。病に冒され視力を失った耀哉の日常生活を支え、何が起きているかを伝える役目を担う。自らの命を賭して鬼を滅ぼそうとする耀哉に殉じ、鬼の頭領・鬼舞辻無惨を巻き込む形で父と共に自爆した。 Read Article.

    機動警察パトレイバー(PATLABOR)のネタバレ解説・考察まとめ 『機動警察パトレイバー(The Mobile Police PATLABOR)』とは、原案ゆうきまさみ、原作ヘッドギアによる、アニメを基本にしたメディアミックス作品。近未来、レイバーなる巨大ロボットが普及した世界での警察ドラマを描く。 リアルな世界描写が売りになった作品であり、特に警察組織の内情をつぶさに書き出した事で、アニメ業界以外の創作界隈にも大きな影響を与えた。 『踊る大捜査線』が本作をモチーフにした実写ドラマであった事も有名である。 Read Article. 水柱・冨岡義勇(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ 冨岡義勇(とみおか ぎゆう)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『水の呼吸』を使う水柱。 炭治郎が初めて出会った鬼殺隊の剣士である。禰󠄀豆子を生かし、炭治郎を鬼殺隊へと導いた人物である。炭治郎と一緒に無惨を倒すために刃を振るう。 Read Article. 産屋敷くいな(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ 産屋敷くいな(うぶやしき くいな)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、鬼を狩るために活動する鬼殺隊の当代の当主・産屋敷耀哉の娘である。 自身とひなき、にちか、輝利哉、かなたの五つ子兄妹の四女にして末っ子。兄妹たちの中ではもっとも登場が遅く、鬼殺隊と鬼の最終決戦が始まってからようやく姿を現した。 産屋敷家の娘たちの中ではもっとも気が強く、鬼の頭領・鬼舞辻無惨の暴威に戦慄し呆然自失となった兄の輝利哉に、平手打ちを食らわせて叱責した。 Read Article.

    風柱・不死川実弥(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ 不死川実弥(しなずがわ さねみ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『風の呼吸』を使う風柱。 身体中に傷を負った凶悪な人相をした剣士。炭治郎の同期である不死川玄弥の実の兄である。鬼を憎んでおり、炭治郎と禰󠄀豆子を粛清しようとした事もある。だが、弟思いな一面もある。 Read Article. 霞柱・時透無一郎(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ 時透無一郎(ときとう むいちろう)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『霞の呼吸』を使う霞柱。 柱たちの中で最年少である。鬼殺隊に入って僅か二ヶ月で柱になった天才剣士。無表情で、他者との関わりが薄かったが、炭治郎と出会ったことにより徐々に変わっていく。 Read Article.

    高田なほ(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ 高田なほ(たかだ なほ)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、鬼狩りの組織・鬼殺隊で働く少女。 鬼は超常の力を操る人食いの怪物で、この討伐の中で負傷した隊士は、蝶屋敷で療養するのが鬼殺隊の常となっている。なほはこの蝶屋敷で看護師として働いており、同年代の寺内きよや中原すみと一緒に行動することが多い。鬼殺隊の新人剣士である竈門炭治郎に懐き、彼が担ぎ込まれるたびに交流を重ねていった。 Read Article. 上弦の肆・半天狗(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ 半天狗とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。 鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、上弦の肆に位している。 追い詰められれば追い詰められるほどに強くなる鬼であり、複数の鬼を生み出す力を持っている。刀鍛冶の里を強襲して、鬼殺隊の隊士たちを苦しめた。 Read Article. 村田(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ 村田(むらた)とは、『鬼滅の刃』の登場人物で、人食いの怪物・鬼を狩ることを目的とする鬼殺隊の剣士。下の名前は不明。 鬼によって家族を失い、作中で登場する八年前に鬼殺隊へと入隊。このため主人公・竈門炭治郎からすると先輩だが、鬼殺隊の剣士としては平凡な力量の持ち主で、戦力として活躍する場面は少ない。それでもベテランの剣士として刀を振るい続け、鬼との決着までを大過なく生き延びた。 モブに近い立ち位置ながら、要所要所で見せ場を作り、その髪型から「キューティクル先輩」としてファンに愛されている。 Read Article.

    後藤(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ 後藤(ごとう)とは、『鬼滅の刃』の登場人物で、鬼を狩るための組織・鬼殺隊の後処理部隊である隠(かくし)の一員。下の名前は不明。 剣士の回収や応急処置、事件の隠蔽など目立たないながらも重要な仕事に従事しており、個性的な人物が多い鬼殺隊の中にあっては珍しいほどの常識人。主人公・竈門炭治郎とは何かと関わることが多く、療養中の彼を見舞うためにわざわざ高級な品を用意するなど、知己として相応に気遣っている。 ポジションとしては裏方であり、作中での出番は少ないものの、要所要所で印象的な活躍を見せた。 Read Article.

    上弦の陸・獪岳(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ 上弦の陸・獪岳とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。 鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、妓夫太郎・堕姫に変わって上弦の陸となった。元は鬼殺隊の隊士であり、雷の呼吸の使い手だった。炭治郎の同期である我妻善逸とは同じ師を持つ兄弟弟子の間柄であり、因縁を持っている。 Read Article. 活撃 刀剣乱舞(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ 「活撃 刀剣乱舞」とは、DMMゲームスの「刀剣乱舞」を原作に、ufotableが製作したアニメーション作品。西暦年、歴史を変えようとする歴史修正主義者を倒すために、物に眠る想いや心を目覚めさせる力を持った「審神者」が、刀剣の擬人化した姿である「刀剣男士」を呼び出し、歴史を守るために戦う。活撃では、かつて土方歳三の愛刀であった「和泉守兼定」を中心に、歴史修正主義者との戦いが描かれた。 Read Article.

    マリア様がみてる(マリみて)のネタバレ解説・考察まとめ 『マリア様がみてる』とは、今野緒雪による少女小説(ライトノベル)。アニメ第一期の放送時期は年1月7日〜3月31日。 舞台は私立リリアン女学院。リリアンでは生徒を導く生徒会を「山百合会」という。 ある日、福沢祐巳は山百合会の会員である小笠原祥子に「姉妹(スール)」になってほしいと申し込まれる。わけがわからぬ内に、祐巳の学院生活は大きく動き出すことになった。 Read Article.

    鬼舞辻無惨(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ 鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)とは、『鬼滅の刃』における最大の敵である。 人間を鬼に変えることができる唯一の鬼であり、鬼たちの首魁である無惨を倒す事こそが『鬼殺隊』の宿願となっている。禰󠄀豆子を鬼にし、炭治郎の家族を殺害したのも無惨である。 残虐非道で自己中心的な考えを持ち、自身の願いの為に人間を鬼にして回っている。自分の意に背く者であれば、鬼であっても容赦なく殺害する。 自身が鬼となった原因である『青い彼岸花』と、太陽を克服する方法を探している。 Read Article.

    元下弦の陸・響凱(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ 響凱とは『鬼滅の刃』に登場する鬼である。 鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の下弦の陸だったが、人間を喰う事が出来なくなって成長の限界を迎えた為に無惨からその地位を剥奪された。その後、十二鬼月に返り咲く為に『稀血』(人間50人にも相当する希少な血)を持つ人間を喰おうとしていた。 Read Article. 竈門炭十郎(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ 竈門炭十郎(かまど たんじゅうろう)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、主人公・竈門炭治郎とその妹の禰豆子の父親である。 炭治郎曰く「植物のような人」で、非常に穏やかで物静かな人物。竈門家に伝わるヒノカミ神楽を炭治郎以上に極めており、病弱な身ではあったが一晩中神楽を舞い続けたり、巨大な熊を一瞬で仕留めたりと時に超人的な力を発揮した。物語が開始した時点で死亡しており、作中では主に炭治郎の回想の中で登場する。 Read Article.

    不死川玄弥(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ 不死川玄弥(しなずがわ げんや)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 主人公の炭治郎の同期の剣士であり、最終選抜試験で出会った。風柱の不死川実弥の実の弟で、岩柱の悲鳴嶼行冥に師事している。 呼吸を使うことができないが、鬼を喰らって力を増すという特異体質を持っている。 Read Article. 嘴平伊之助(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ 嘴平伊之助(はしびら いのすけ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 主人公である炭治郎の同期の剣士の一人で、炭治郎と行動を共にする主要人物の一人である。 『獣の呼吸』の使い手で、触覚が異常に発達している。 赤子の頃に山に捨てられ、その後、猪に育てられた。その為、常識を知らず、非常に粗暴な性格をしている。 Read Article. 鬼滅の刃 煉󠄁獄零巻のネタバレ解説・考察まとめ 『鬼滅の刃 煉獄零巻』とは、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の入場者特典として作られた小冊子。万部が発行され、全国の映画館で配布された。 内容は初任務に臨む煉獄杏寿郎の姿を描いた原作者吾峠呼世晴による特別読切、鬼殺隊報、アニメ版ストーリー紹介、出演声優へのインタビューなどで構成されている。原作でもファンブックでも明かされなかったとあるキャラクターの秘密も紹介され、初心者でもファンでも楽しめる内容になっている。非売品であり、公式サイトには転売を控えるよう希望する文章が書き添えられている。 Read Article.


    [ Fate/Kaleid Movie : Oath of Snow ] Emiya vs Angelica  · ギルガメッシュの強みは宝具の大量展開 普通のサーヴァントだとその物量と武器の質で押されて負ける 士郎の場合だと無限の剣製を展開することでギルガメッシュの大量展開→射出という戦法にそこら辺に刺さってる剣をぶつけることで相殺することが出来る ギルガメッシュが武器を展開したらそれを目にするだけで周りにストックされていくので基本数で  · 「金ピカアーチャー(ギルガメッシュ)」と、イリヤスフィールの英霊「バーサーカー(ヘラクレス)」の戦闘シーン。 これは筆者が初めて見たFateのシーンだったのですが、あまりの神々しさ(というか画面の黄金率にw)見とれてしまい、Fateを鑑賞するキッカケにもなったものです。  · 最強の英霊 ギルガメッシュ との決戦. 23話のラストで、乖離剣エアの風圧に吹き飛ばされ、満身創痍の 士郎. ギル「あのみすぼらしいアーチャーも言っていたな。. お前の理想は借り物だと。. 」. しかし、忘れえぬ10年前の惨事を思い出し、義理の親、衛宮切嗣の想いや、未来の自分自身であるアーチャーの想いを胸に立ち上がります. 士郎(借り物でも  · 凛ルートでの士郎とギルガメッシュの戦闘結果から考えると、アーチャーは慢心しているギルガメッシュには勝てることが予想できます。 アーチャーはギルガメッシュの乖離剣エアを防げない Fate UBW ギルガメッシュvs士郎 - ニコニコ動画  · Fateのギルガメッシュって近接戦闘弱いって言われていますけど、SNで士郎と正常にパスが繋がったセイバーに近接戦闘で勝ちましたよね?相手がサーヴァントなら少なくとも士郎戦ほど慢心はし ないから近接戦闘でも結構強くないですか? ギルガメッシュ本来の近接戦闘能力はサーヴァントと

  2. Related searches for